発熱外来を受診されるみなさんへ

(1)最初のお願い:全ての連絡はLINEのチャットで行っております。電話でのご連絡は緊急時を除きご遠慮ください。当院では、LINEも電話も、極力院長自身が対応するようにしております。正確でスムーズな診療を行っていくために、皆様のご理解・ご協力をお願いします。

(2)費用:なんらかの風邪症状がある方、保健所から濃厚接触者の指定を受けた方、その他の事情がある方につきましては、検査費用は公費から支出されますので、無料です。ただし、初診料や処方料等で、3,000円弱の自己負担が発生します。埼玉県の小児医療受給者証をお持ちの方は、自己負担がありません。(2022年9月30日までは、鴻巣市の小児医療受給者証をお持ちの方のみになります。)生活保護を受けておられる方は医療券をご用意戴ければ全額無料となります。

海外旅行や、業務上の理由で受診される場合は、自費となります。自費の金額は、当院HPをご覧下さい。陰性証明・陽性証明も自費にて発行致します。日本語のものは3,000円(+税)、日英併記のものは5,000円(+税)です。

(3)検査方法:検査方法は2つあります。患者さんご自身がお選びください。両方同時に受けることを希望される場合、片方の検査料(抗原検査の方が安いので、抗原検査料)は自費でご負担戴くことになります。

抗原検査:結果はすぐに判明し、陽性の場合はそれが確定診断となります。(保健所に報告できます。)結果につきましては、検査キットの写真と共に、陽性だったか陰性だったかを、院長がLINEでお知らせします。通常30分以内にお知らせしています。ただし、陰性だった場合は、その後の経過で再度PCR検査を行う場合があります。

検査は、鼻に綿棒を入れて検体を採取しますので、当院では小学生以上で、検査にご協力戴ける方にのみ行っています。検査中に泣いたり動いたりされますと、検査が行えないばかりか、患者さんの心や体に傷を負わせてしまう危険性があります。小さなお子様の検査につきましては、是非小児科の先生にご相談下さい

PCR検査:当院では、国内最大手の検査会社(BML)に検査を委託しております。結果は通常24時間以内に、判明します。その後、その結果(検査伝票)を院長が、患者さんに直接LINEでお送りします。(当院の休診日であっても、できる限りお知らせはしております。)ただし、患者さんの数が多い時期は、結果判明に時間を要する場合があります。結果がいつ届くかは、院長にはわかりませんので、「結果はまだですか?」、「結果はいつわかりますか?」といったお問い合わせはご遠慮ください。結果が出るまでは、陽性だと思って、自宅での待機をお願いします。

検査は、患者さんご自身で、唾液を採取して戴きます。唾液の採取方法につきましては、必ず以下の動画を御参照下さい。お子さんの場合、唾液が採取できる場合もありますし、できない場合もあります。1歳の方でも採取できる方もいらっしゃいますし、4歳の方でもうまく採取できないという方もいらっしゃいます。これはお子さんによって異なりますので、採取方法の動画をご覧になって、保護者の方がご判断下さい。「唾液のよい取り方はありますか?」などといったご質問にはお答えできませんので、動画を参考に、ご自身で工夫して採取なさってください。

唾液採取は車内等で行っていただきますが、特にお子さんの場合、採取には時間を要すると思われますので、唾液採取容器を受け取られましたら、一度ご自宅に戻られて、落ち着いて採取されるのがよいと思います。検査会社へは、当日の夜に検体を提出しますので、あわてて採取されましても、当日中に提出される限り、結果判明の時期はかわりません。唾液の容器は冷蔵庫で保存して戴ければ、翌日以降のご提出でも検査可能です。

お年寄りの方など、唾液が出にくい方は、鼻に綿棒を入れて検体を採取することも可能です。事前にご相談下さい。(当院では小学生以上で、検査にご協力戴ける方にのみ行っています。検査中に泣いたり動いたりされますと、検査が行えないばかりか、患者さんの心や体に傷を負わせてしまう危険性があります。)

(4)薬の処方:ご希望の方にのみ、症状に応じたお薬を処方致します。症状をしずめる薬で、新型コロナウイルスをおさえる薬ではありません(このような薬は重症度が高い方にのみ処方しますが、当院ではまだ処方した実績がありません)。処方をご希望の方は、現在の症状をお知らせ戴きます。

症状のない方、他院で既に処方を受けていらっしゃる方、症状はあるが、薬の服用を希望されない方には処方致しておりません。

お薬の受け取りですが、処方箋をお渡ししますので、ご自身で、薬局で薬をお受け取り下さい。当院隣接のともえ薬局でも準備できますが、業務逼迫のため、調剤に時間を要しております。処方箋は日本全国の調剤薬局で使用できますので、他の薬局をご利用戴いても構いません。

処方箋をお持ちになる場合、ともえ薬局であれば、薬局の外から窓越しに処方箋をご提出なさってください。他の薬局につきましては事前に電話連絡をして、受け取り方法をあらかじめご確認下さい。直接薬局内に入りますと、他の患者さんやスタッフに感染の危険が及びますので、十分ご注意下さい